About Pastor

What We Believe

日本語部牧師 藤浪義孝

私たちの教会 ~ 百年の歴史に主の恵みを想う ~

哀れみ深い主は、カリヒ地区の住民に恵みを賜り、1913年9月21日、ハワイアン宣教の働きによって教会を開拓されました。カリヒユニオン教会の誕生です。

私たちの教会は、過去100年間、地域住民のために、福音宣教による霊的ミニストリーだけではなく、社会福祉の供給の窓口としても深く貢献してきました。カリヒユニオン教会は、人種言語を問わず、主イエスキリストを信じる信仰によって救いに与かった人々が属するハワイでも非常にユニークな多民族的教会です。

私たちの教会は、神を愛し、人々を愛することを第一にして今日まで歩んできました。

1900年初頭、カリヒ・パラマ地域は、まだ未開地であり、そこに住む住民のほとんどが経済的に乏しい人々でした。当時、ハワイの人々に重荷を負い、シカゴからハワイに渡ってきたHorance Wright Chamberlain牧師の指導の下、セントラルユニオン教会とカウマカピリ教会の指導者たちの愛に溢れたカリヒ地区伝道活動を通して、多くの人々がキリストを信じました。「神の栄光のためにカリヒに教会を開拓しよう。私たちの同僚たちのために。信仰生活を促進させるために。この地上にキリストの王国を建てるために。」彼らのこの幻が、1913年9月21日に実現したのです。

神に信頼し、人々の祝福を願い求めた一握りのキリスト者たちを通して、カリヒ地域一体に福音が広がりました。この地には、日本本土と沖縄からの多数の移民が住んでいました。日本本土で宣教師として仕え、日本人を愛するPaul Waterhouse牧師が、私たちの教会の最初の牧師として迎えられました。私たちの教会は、カリヒ地区の日本人移民になんとか福音を伝えたいという思いがつのりました。そのせつなる願いに主が応えられ、1945年、私たちの教会に日本語によるミニストリーが誕生しました。

過去百年の間、主は、カリヒユニオン教会を通して、主を恐れ敬う敬虔な牧師たちを育成され、現在のハワイ住民への福音伝道のために用いられておられます。又、私たちの群の成長のために、敬虔な牧者たち、執事、長老たち、教師たちを備えてくださり、私たち聖徒たちを整え、教会の徳を高め続けてくださいました。

過去100年間を振り返りますと、山あり谷あり、のぼり坂も、坂道もありました。喜びのときもあり、涙を共にするときもありました。しかし、「あなたがたのうちに良い働きをはじめられた方は、キリスト・イエスの日が来るまでに、それを完成させてくださることを私は固く信じています。」と昔、使徒パウロがギリシャの諸教会に宛てた手紙に書いたごとく、神がせつに望んでおられるところの、愛の人、御子イエスキリストに似た者に成長する途上に私たちがいることを思い起こすのです。

過去100年間の信仰の歩みは、将来を担う私たち一同が、御子イエスキリストに似た者と造り変えられるための歩みでもありました。

三つにいましてひとつなる父子聖霊なる全能なる神の栄光をこの世に映し出すために、主なる神は、多人種の共同体なれど、キリストにあって一つなるカリヒユニオン教会の群れを、「恵みの故に信仰によって救われる」このすばらしい福音のために益々用いようと願っておられます。

各々自ら進んで神に捧げ、キリストの知識のうちで成長し、互いに愛し合い、聖霊の力によって世に進み行き、人々を祝し、この世に希望を届ける教会と成長しますように。

「イエスキリストは、きのうも今日もいつまでも同じです。」

へブル人への手紙 13章8節

 

カリヒユニオン教会が所属する福音自由教会は、以下のような信仰を持つ教派です。

旧新約聖書を原典において何ら誤りなき、霊感された神の言であり、人間の救いについて神のみこころを完全に啓示し、すべてのキリスト者の信仰と生活の神的、究極の権威であることを信じる。

万物の創造主であり、無限に完全であり、父、子、聖霊の三人格において永遠に存在される唯一の神を信じる。

イエス・キリストは聖霊によってみごもり、処女マリヤより誕生された真の神であり又真の人であること、又聖書に示すとおり、十字架上にわたしたちの罪の犠牲として死なれたことを信じる。そして主は死より肉体をもって復活し、天にのぼり今は高き所にいます大能者の右に座している大祭司および助け主であることを信じる。

聖霊のみわざが主イエス・キリストに栄光を帰し、現在の時代においては人々に罪を認めさせ、信じる罪人を新生させ、敬虔な生活と奉仕のために信者に内住し、信者を導き、教え、力づけるものであることを信じる。

人間が神のかたちにつくられ、罪の中に堕落したために失われているものであること、また人間は聖霊による新生を通してのみ救いと霊的生命を与えられることを信じる。

イエス・キリストの流された血と復活がすべて信じる者の義認と救いのための唯一の基盤であり、イエス・キリストを受け入れる者のみが聖霊により新生して神の子となることを信じる。

水の洗礼および主の聖餐が現代の時代における教会により守らるべき礼典であることを信じる。しかしそれらは救いの手段としてみなされてはならない。

真の教会がイエス・キリストにある救いの信仰を通し、聖霊により新生し、そのかしらであるキリストの体に結合されているすべての人により構成されるものであることを信じる。

真の教会の会員である者のみが地方教会会員資格をもつものであることを信じる。

イエス・キリストが教会の主であり、かしらであること、またすべての地方教会がキリストのもとに個々の業務を決定し、つかさどる権利をもつものであることを信じる。

わたしたちの主イエス・キリストの御自身による千年王国前の、切迫した再臨を信じる。この「祝福に満ちた望み」は信者の個人的生活と信仰に重大な意義をもつものである。

死者の肉体の復活を信じる。信者は主とともなる永遠の祝福と喜びによみがえり、不信者はさばきと永遠に意識する刑罰によみがえることを信じる。